メニュー 閉じる

ヤフーショッピング「繁盛店になるために」 1-1

第1回 ヤフーショッピング「繁盛店になるために」行って欲しいこと[ 検索対策(SEO)]

どんなサイトでもそうですが、訪問者を多くする商品を買って戴くにあたってモール側は「顧客満足度」最重要視しています
キーワードの最適化を謳うのは、その補足的な側面で同時に行っていれば問題ございません。

「優良店」とはサプライチェーン全体の品質が総合的に高いストアを認めているわけですね。
サプライチェーンとは日々行っているお客様に対するサービスの一連の流れですね。
受注→メール→出荷→メール→質問→回答など期間を含めた流れの事です
特に出荷の最大出荷日数を含めたパフォーマンスは「優良配送」として評価されます

最重要の「顧客満足度」を満たすための指標と施策は下記の通りです
ストアパフォーマンスの改善と優良店への目標
・ストアクリエータートップ画面より評価の順にクリックするとストアパフォーマンスの画面が表示されます
その中の「総合評価は26項目」売り上げ規模と取扱高を除いた全項目が総合評価項目となります。
「優良ストア」は売り上げ規模と取扱高を含めた、中段 商品情報までの14項目が適用されます。

各項目の重要性により点数化され加点方式で、そこに運営の審査基準のようなもので認可されるわけです。

[マニュアルページ]
https://store-info.yahoo.co.jp/shopping/toolmanual/review/c/1107.html

優良配送アイコンバッジ獲得
「発送に必要な最大日数」の設定などの項目がありますが、詳しくは動画で解説しています
大まかに解説しますと
・お届け情報設定
・商品ページとの連携
・配送スケジュールの設定の3項目です

[マニュアルページ]
https://store-info.yahoo.co.jp/shopping/toolmanual/dictionary/y/3122.html

しかしこれは全ての出店者様が該当するわけではありません、メーカー直送商品やドロップショッピングなどを運営している出店者様では難しい施策ではありますが、肌実感として、当初2カ月間で1.4〜5倍の有効性は認められます。
プレッシャーも考えられますが、取り入れてみるのも繁盛店の近道です。