体験談 頻尿・夜尿症に悩んでいた時に 解決したある簡単な方法とは

体験談 夜尿症に悩んでいた時に 解決したある簡単な方法

毎夜に症状が出るわけでは無く、2〜3日おきに現れていた夜尿症。
特に多くの水分を摂るわけでもなく、夜中に4〜5回も催すと、さすがに睡眠不足でクタクタになる。
「病院に行かなきゃ…」と思いつつも、他の病気で月1回程度の通院もあるし薬も毎日飲んでいる。
病気というのは「肺気腫いわゆる慢性閉塞性肺疾患(COPD)」です。

これについても改善が見込まれたので、次回以降書きたいと思います。

さてその夜尿症ですが、結論から言うと1ヶ月以上無症状が続いています、と言うか忘れてました。

これは医学的には全く関係なく、私が体験したある方法ですが、この記事を書くにあたり、今ググったら結構体験者さんがいるようです。

その方法とは…

お尻の割れ目の上のほうを「さわさわくすぐるように触れる」というものです。
「掻く」のではなく、くすぐるようにさわさわと触れるか触れないかという感じです。

もう放尿完了と思っても、残尿があるのか?(私は)一定の尿が出ます。

方法として、立ちションの場合だと、体に変な力が加わって効果が薄いので、様式トイレに座って放尿して、出し切ってから試すと良いでしょう。

ただ、医学的にはどうのこうのというわけではなく、また常習性(癖になる)などは分からないので、自己責任で試して戴ければと思います。

私の体験ですと、別に何ら変わったことはなく いつの間にか「頻尿や夜尿症」みたいな症状は改善されています。

現在症状は出ていません。

Scroll to top